no image

運動器

運動器疾患の器質的・機能的問題の違いを解説

2019/8/13

新人の頃は知らないことばかりで、、、 特に、自分がよくできる疾患とよく出来ない疾患の区別もなかなかつかなかったことを思い出しました。 今になって、すごく重要だなと思うことは、 “器質的な疾患”と“機能的な疾患”の違いをしっかり理解し臨床をすること。 これが非常に重要だと強く言いたい。 この記事では、そのへんのことについて解説していきたいと思います。 この記事でわかること 運動器疾患は2つの疾患に分類できる スペシャルテストの効果的な使い方 この辺を解決していきます。 スムーズに患者さんを診たいひとは最後ま ...

ReadMore

no image

腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因【患者指導が重要です】

2019/8/12

『腰椎椎間板ヘルニアって外来でよく遭遇するけど、結局のところ何が痛みの原因になっているだろう?』 こう思ったことないですか。 僕はめちゃくちゃあります。 実際、 『髄核ってめちゃくちゃ柔らかそうだしあれがぶつかった程度で痛み出るのかい?!』 って思ってました。 治療をする上で、 “何が原因で痛みが出ているのか” をしっかり理解しておくことは、患者さんの状態を把握する上では非常に重要なことだと思っていまして、、、 そこで色々調べて、臨床とすり合わせた結果  “なるほど!!” ってなったので、今回は 『腰椎椎 ...

ReadMore

no image

膝関節

セラピストが膝関節のリハビリをするときに抑えておきたい知識と評価

2019/8/10

臨床に出始めた頃は、 「学校の勉強の殆どが役に立たない」 「患者さんを診れないから勉強しなくちゃ」 「何を勉強したらいいかわからない」 こんな問題が出てきます。 この悩みの解決策は 勉強して、実践して、失敗して、改善!! これを繰り返すしかないと思っていて、、、 やはり、失敗を恐れて何もしないと全く成長しないし自信も付きません。 たくさん勉強して大いに失敗しましょうと伝えたいところです。 とはいえ、たくさん情報がある中で必要なものを選ぶのはけっこう大変な作業で、 どんな教材でどんな知識を入れればいいか、こ ...

ReadMore

no image

膝関節

膝関節のラグ

2019/6/18

関節の治療で “ラグ” って結構重要ですよね。 なんで重要か簡単に説明すると、 “関節可動域制限が筋力低下によって起きているものなのかそれ以外が原因でおきているのか” これを判別するために、ラグがあるかないかを確認すると思います。 今回は膝関節の“ラグ”について解説していきたいと思います。 この記事を読むことによって膝関節の“ラグ”の原因と解決方法がわかると思います。 膝関節のラグとはいったい ラグとは関節可動域を見た時に Passive と Active に差がみられることをいいます。 起こる理由として ...

ReadMore

膝関節 治療

膝関節

膝関節疾患に対する治療法を網羅します

2019/6/17

膝関節の治療をする時に、 どんな治療をすればいいのだろう と疑問に思うことがあります。 新人のときは特に、、、 どんな治療をすればいいかは、患者さんの状態によって決まります。 結論を言ってしまうと、 治療を選ぶにはしっかりと評価をしましょう ということなんですが、 評価はしっかりとできた!と仮定してその評価に対してどんな治療を選択するべきかということが次のステップです。 今回は大まかな治療の方向性を膝関節を例にして書いていきたいと思います。 この記事を読めば、患者さんの状態に対してこんな感じの治療をしてい ...

ReadMore

no image

膝関節

膝関節を鍛える理由を解説します

2019/6/16

膝関節をしっかり鍛えてほしいのに、なかなかのってこない患者さんて結構多いです。 きっとその人達にも理由があって、 運動が嫌い 必要とはわかっているけどめんどくさい 鍛える意味がわからない 運動の効果が出ている気がしない こんな事思っているんですよ、きっと、、、 患者さんのやる気を出して膝関節を鍛えてもらうためには、しっかりと必要性を説明してあげなければ行けないんです。 なので僕が考える“膝関節を鍛える理由”について解説していきます。 膝関節を鍛える理由 膝関節の負担を減らすために筋肉を鍛えます。 筋肉がし ...

ReadMore

no image

膝関節

膝関節血腫の原因を解説します

2019/6/15

膝関節が腫れているので穿刺をしたら水腫ではなく血腫だったなんて経験ありませんか? 特に高齢者では水腫に混じって血腫がみられることもよくあります。 前に僕が診た患者さんで、前医で関節血腫がみられたにもかかわらず特に問題ないと痛み止めと湿布で6ヶ月も放置されていた患者さんをみたことがありまして、 その時に、関節血腫が何を表しているのかを知ることは重要だな、、、、 今までは普通に流していることも多かったのですが、 実際に血腫がみられる患者さんはどういった状態なのか知っておくと、リハビリの進め方に役立つと思うので ...

ReadMore

柔道整復師 臨床力

柔道整復師

運動器リハビリの評価・治療上達のコツ【6つのカテゴリー分け】

2019/6/14

僕は、小さい整形外科クリニックで運動器のリハビリや外傷の治療をしています。 そんな日常の中で 臨床に出たけどうまく治療効果が出ない。 たくさん本読んでるし、セミナーにも参加しているのになぜだろう? 資格とって働くと誰しもぶち当たる悩みだと思います。 やっぱり “患者さんには良くなって帰ってほしい” と思うじゃないですか。 そこで色々考えた結果出た答えが “評価が的確ではない” のではないかということ。 具体的には、 リハビリではよく出来ない疾患ということに気づいていない 原因となっていると思っている場所が ...

ReadMore

no image

柔道整復師

【運動器とは】説明できなかったので解説します。

2019/6/13

運動器とは何か、、、 運動器疾患を診ている僕が“運動器”ついてしっかり説明できなくては、、、 と思い立って勉強した事があったのでそれについて説明していきたいと思います。 意外と当たり前のように運動器疾患という言葉を使っていると思いますが、 運動器について 「体を動かすものだ」 以外に説明できる人いますかね。 まぁ、できないのはきっと僕だけですね、、、 同じような人が困らないように、今回は“運動器とはなんなのか”ということを説明していきたいと思います。 運動器とは車です 人の体を動かすことに関係している組織 ...

ReadMore

no image

膝関節

膝の解剖で詳しく知っていたほうが良い組織【参考】

2019/6/12

関節は単純に骨と骨がつながっているだけではないです。 骨の形状 補強している靭帯 筋肉の働き方 その他の軟部組織の働き これらの、要素がいろいろと作用しあって関節の運動が成り立ちます。 なので、関節について勉強すればするほど効果の高い治療ができるようになります。 患者さんをよくできる機会が増えるということになりますね。 なので今回は、膝関節の治療をする上で深く掘り下げておいたほうがいい組織をピックアップしたいと思います。 順にみていきましょう。 深掘りしたい膝の解剖①骨 膝関節の骨で深掘りしておきたい骨は ...

ReadMore

カラダのコンディショニングのことならオレンジにお任せください

オレンジでは、柔道整復師と鍼灸師が皆様の“できない”を“できる”にすべく、セルフケアに役立つ情報などを発信しております。ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

お問合せ

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.