膝関節

膝関節を鍛える理由を解説します

投稿日:

膝関節をしっかり鍛えてほしいのに、なかなかのってこない患者さんて結構多いです。

きっとその人達にも理由があって、

  • 運動が嫌い
  • 必要とはわかっているけどめんどくさい
  • 鍛える意味がわからない
  • 運動の効果が出ている気がしない

こんな事思っているんですよ、きっと、、、

患者さんのやる気を出して膝関節を鍛えてもらうためには、しっかりと必要性を説明してあげなければ行けないんです。

なので僕が考える“膝関節を鍛える理由”について解説していきます。

膝関節を鍛える理由

膝関節の負担を減らすために筋肉を鍛えます。
筋肉がしっかり機能しなくなると膝が不安定になり負担が増加します。
膝がすでに痛い人も、全く症状がない人も長期的に見ると筋肉がしっかりしてないことで変形性膝関節症などのリスクが高まるんですよね。

具体的にはどんな時に負担が増えるかというと、

  • 階段の上り下り
  • 歩く
  • 立ち上がり

など上げるとキリがないですが、大雑把に言うと膝を使うときです。

この時にしっかり膝を安定できるだけの筋肉が備わっている必要があります。

膝関節を鍛える前にモビリティーの獲得を

筋肉を効果的に鍛えるためには関節可動域の確保が最優先です。
筋肉がしっかり働くためには伸張と収縮がしっかりとできる必要があります。

  • 関節可動域制限あり:伸びる距離縮む距離が不十分のため筋肉がしっかり使えない
  • 関節可動域制限なし:伸びる距離縮む距離が充分あるので充分に筋肉の力を発揮できる

とこんな感じで、効果的に筋肉を使いたいのであれば関節可動域はそれなりに確保する必要があります。

膝関節を鍛えるおすすめのエクササイズ

膝関節を鍛えるにはこのエクササイズがおすすめです。
患者さんに家でやってもらう時(特に高齢の方)に、複雑なエクササイズは正しく出来ない可能性があります。
“この前、体操教えてもらったけど忘れちゃった〜”
これ、めちゃくちゃ多いです。
あんだけ、時間かけたのに、、、

なので、簡単で間違えにくいエクササイズをチョイスします。

僕は症状や生活環境に合わせて、

  • レッグエクステンション
  • 大腿四頭筋セッティング
  • スクワット

を指導することが多いです。

とりあえず、膝蓋骨のきれいな運動と安定性が確保されると痛みが出にくい傾向があるので、、、

一番良く効果が出たのは、
knee in してしまう患者さんに対しての “クウォタースクワット” でしたね。

40代位の女性でしたが、外側半月板の繰り返し外力による断裂で、手術をしたくないということで来院されて治療させてもらったのですが、しゃがんだときの knee in がめちゃくちゃ強くそれを減らすと痛みが改善したので、ひたすら、膝と足趾の位置を意識したスクワットをやってもらいました。

2週間程度でほとんど痛みはなくなり現在も特に問題なく日常生活を送れています。
効果が出ると患者さんも喜んでくれてこちらのモチベーションも上がりますよね。

痛みが強いときはサポーターもおすすめ

痛みが強いときはサポーターもおすすめです。

患者さんによく聞かれるのは、
“サポーターを使うのはどうですか?”
って質問ですけど。

僕はこんな感じで回答していて、
“症状が楽になるならしてください”
って感じです。

痛みを我慢して活動量が減るよりもサポーターをして負担を減らしつつ活動量を上げるほうが良いと僕は思うんですが、、、
膝には適度に荷重がかかっている方が何かといろいろなことがうまくいく気がします。

動かないことがなぜ問題かというと

  1. 関節内の代謝が落ちる
  2. 膝周囲の筋力が落ちる

この2つが問題かなと、、、

関節内の代謝が落ちる

半月板と関節軟骨の代謝のほとんどは拡散ですよね。
その拡散は荷重がかかることによって起こります。

ということは、荷重がかからない状態というのは、ひとで例えると酸欠の状態=水の中で溺れている状態に近いということです。
恐ろしいです。

これについての詳しいことは、

膝関節にある半月板について詳しく解説します

の記事に記載しているので、気になる方は読んでみてください。

膝周囲筋の筋力が落ちる

これは言うまでもなく危険です。
膝関節は構造的に不安定なので筋力でしっかりと補う必要があります。
その理由については下の記事に記載しています。

膝関節とは。機能、構造、解説します【膝関節の基礎】

筋肉は一瞬でつくわけではないので、毎日の積み重ねが大事になってきます。
患者さんにもしっかりと説明をして気持ちよくやってもらいましょう。

リハビリでのモビリティー獲得、自宅でのセルフエクササイズ

リハビリではセラピストによるモビリティーの獲得、自宅ではモビリティーの維持と筋力アップのためのセルフエクササイズが治療効果を継続させるポイントです。

理由としては、リハビリで患者さんに接しているの時間は限られているので、患者さん自身がカラダをセルフコンディショニングできるようにするところまでもっていくというのが重要です。

具体的には、
可動域制限をROMエクササイズで改善し筋肉が働きやすい環境を作ります。
その後に、正しい運動を指導し自宅で行ってもらいます。
1週間後再来院してもらいROM・エクササイズを確認し、修正これの繰り返しです。

関節可動域の維持ができていて、指導した運動がうまくできるようになると、日常生活はだいぶ改善します。
ここを目指して自分の技術を高めていけば大丈夫です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カラダ・ラボ  オレンジ

-膝関節

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.