膝関節

膝関節の組織疼痛閾値マップは便利です

更新日:

膝関節 疼痛閾値マップ

膝の痛みマップという素晴らしいマップがあるのでそれを紹介しようかなと思います。
臨床で痛みを解釈することが非常に重要でして、、、

痛みの種類(鋭い・鈍い)
痛みの強さ(強い・弱い)
痛みの再現性(ある・なし)

この辺が臨床で患者さんを診る時に大事になってくる痛みの評価です。

患者さんの痛みの訴え方と、組織の痛みの発し方がリンクしてくると面白いほど臨床が楽になってくるので、そこのコツを掴むためにこのマップの話をしていこうと思います。

僕自身、10年間整形外科だ働いていますがこのマップに出会って、膝の治療が格段にしやすくなったので皆様にもぜひ有効活用していただきたいと思います。

膝関節の組織疼痛閾値マップは便利です。

軟骨からの痛みは考えにくい

軟骨からくる痛みというのは考えられません。
軟骨ってそもそも神経が通ってないので痛みを感じないからです。
おそらくドクターが説明する時に、軟骨がすり減るといった説明をします。それに関連して、軟骨がすり減って痛いんだと、患者さんが錯覚してしまって誤った情報が一般的になってしまったのではないかと思います。
なので、軟骨から来る痛みは存在しないのです。セラピストが軟骨がすり減っていたいんですねと患者さんに説明するのはいかがなものだろうと、個人的には思ってしまいます。

ここからは、膝関節の痛みの原因になりうる組織についてどんどん掘り下げていきます。

では、膝関節の痛みの原因って何か?

軟骨がすり減って痛いの原因は、軟骨の痛みというよりかは滑膜の炎症や半月板の損傷です。
軟骨が代謝異常を起こすことで、軟骨片が関節内に遊離しそれが滑膜の炎症を引き起こしたり、膝のアライメントに異常が出ることによって、半月板に負担がかかり損傷してしまうといった流れです。

いったいどの組織が膝の痛みに関連しているんでしょう。
結構有名なイラストがあります。

マニアックな外国のドクターが、自分の膝の各組織を内視鏡を入れて刺激し、その組織にストレスが加わった時にどんな痛みが出るかといったことを調べた、膝関節の組織の疼痛マッピングをしたイラストです。
このドクターの汗と涙の結晶です。
非常にわかりやすく出来ていますよね。

このイラストによると、

非常に強くて痛みの部位が明瞭な組織
・膝蓋下脂肪体
・滑膜

非常に強くて痛みの部位が不明瞭
・靭帯の付着部付近の線維

このように活用していくんですが、膝蓋下脂肪体は非常に痛みを感じやすい組織です。

痛みを判別するときは、痛みの部位が明瞭なのか、不明瞭なのかこれは組織を判別するのに非常に重要です。
僕の記事ではさんざん評価が大事といっていますが、評価の最終目標は現在の症状の原因組織を判別することになります。

例えば、しゃがんだ時に膝の前側に鋭い痛みが走ると訴える患者さんがいたとしたら、今のマップを思い出してもらって実際の患者さんの症状と当てはめてみると、膝蓋下脂肪体が痛みの原因になっているかもしれないと推測できるわけです。
推測したら実際に圧痛をとったり、検査をしたりして本当にその組織が痛みを出しているのか確認すればいいだけです。最初に少しでも、推察できる知識があればその後の評価は結構簡単になります。

今回は、膝関節の疼痛マッピングを紹介しました。膝関節を診るうえで非常に参考になる資料なので、頭の片隅に入れて膝の患者さんに遭遇した時にすぐに引っ張り出せるようにしておくといいと思います。
ちなみにこのマップには書いてないですが、半月板の最外周も局在明瞭な強い痛みを発するので加えて覚えておいてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

カラダ・ラボ  オレンジ

-膝関節

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.