柔道整復師

柔道整復師と理学療法士の違いを解説します。

投稿日:

柔道整復師 理学療法士
自分がスポーツでたくさん怪我をして、リハビリでお世話になったから将来はそんな仕事に付きたい。
そう考えているヒトもいると思います。
ただ、調べてみるといろんな職業が出てきて、何が違うのかわからないって思っていませんか。

僕は、柔道整復師という仕事をしているのでその目線から

柔道整復師”と“理学療法士”の違いについて記事にしたいと思います。

柔道整復師と理学療法士の違い

柔道整復師と理学療法士の違いは勉強する内容が大きく違います。柔道整復師は骨折や脱臼などの怪我の勉強をするのに対して理学療法士は動作の改善の勉強をします。

例えば、柔道整復師であれば、骨折をしてしまった患者さんに対して骨をいい位置に戻す徒手整復の仕方や、いい位置に戻した骨が再度転位しないように包帯や当て木(シーネ)を使って固定する方法を学んでいきます。
こんな感じで、怪我をしてしまった患者さんに対して、どんなことをすればいいのかを勉強するわけです。

理学療法士は、脳梗塞などで腕や足が麻痺してしまい動くことが困難になってしまったヒトが、その残された機能の中で、なんとか動くことができるように動きを改善していくための勉強をしていきます。
動作分析をし、それに伴って動作を改善していく、動作のプロフェッショナルです。

少し詳しく掘り下げていきます。

柔道整復師は怪我の専門家

柔道整復師の強みは、怪我の治療をできることです。
骨折であれば、徒手整復から固定、後療法までを一連の流れで見ることが出来ます。

具体例を出すと、手首の骨(橈骨)を骨折(橈骨遠位端骨折)してしまった患者さんがいるとします。
その患者さんに対して、まずズレた骨を元の位置に戻す必要があります。戻す方法に関しては手術をするか引っ張って戻すかのどちらかになります。引っ張って戻した場合は、再度骨がズレないようにギプスなどのいろいろな素材を使って固定します。骨がつたら、動きにくくなってしまった関節がスムーズに動くようにリハビリをします。

この流れの中で、手術と徒手整復のメリット・デメリットを実際に肌で感じられるのは柔道整復師だけです。
柔道整復師の仕事をしてるおかげで徒手整復の重要性を知ることが出来ました。

ただ、現在の柔道整復師は徒手整復をできない先生が多くいるため実際の臨床で園勉強をするのは難しい場合もあるのが残念なところです。

理学療法士は動作の専門家

理学療法士は動作の専門家です。
患者さんの動きを見て評価を行い、問題点を見つけその問題点を改善することで患者さんの日常生活を改善していく仕事です。

例えば、膝の靭帯を怪我してしまい手術をした患者さんに対して、曲げ伸ばししづらくなった膝の動きを改善し、動作の問題点を評価してサイド怪我をしないような使い方を指導していくということをします。

僕は柔道整復師なので詳しいことはわかりませんが、違う職種の視点から見ても、動きを見て改善するスキルは本当にすごいと思います。
カラダは1つ1つが別々に動いているわけではなく、共同して動いているので、1つの関節がどのように動くのかはもちろん、その関節が複数組み合わさるとどうなるのかまで詳しく知っているのは、理学療法士のすごいところだなと感心しています。

給料面なんかは、働く場所によって違うと思いますが、理学療法士のほうがやや高いくらいで、大して変わらないと思います。
大きく違うことは、開業できるかできないかくらいだと思います。

どちらも患者さんを見ることに変わりはない

どちらの仕事も患者さんを見ることに変わりありません。
どこの部分を重点的にみていくかが違うだけです。

授業の内容がだいぶ違うので、自分がどこの部分を将来みていきたいかによって取る資格を選んでみてください。
どっちをとっても常に勉強ですが、患者さんが良くなっていく姿をみれるのはとても嬉しいことですし、やりがいのある仕事だと思います。
これから資格を取ろうという方は是非参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カラダ・ラボ  オレンジ

-柔道整復師

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.