柔道整復師

柔道整復師の必要性について。【誰かに必要とされるには】

困ったヒト
不正が多いし、何をやっているかわからない柔道整復師ってぶっちゃけ必要なの?

 

こんな疑問に答えます。

 

スキルのない柔道整復師の必要性は低い、、、

上記の通りです。

いまや、コンビニよりも多いと言われている接骨院(整骨院)ですが、ほとんどが“保険のきくマッサージ屋”になっています。

そもそも柔道整復師の仕事は、

柔整の教科書から引用

と決められており外傷にのみ保険が使えます。

なので、腰が痛い、肩がこるなどの症状には本来保険が使えません。うまいこと病名や解釈を変えて保険請求しているのが現状。こんなことを続けてきたため、保険請求の取締が年々厳しくなってきています。

近い将来“外傷以外の疾患に関しては完璧に保険が使えなくなる日が来る”ということだろうと僕は考えています。こういった、マッサージなどには自費で対応せざるを得ない状況、、、

腰痛や肩こりに対して保険がきいて格安でマッサージしてもらえるところという認識だった患者さんが、今後保険が使えなくなり、自費で払うとなった時今まで通り来院してもらえるでしょうか。

確実に無理です。理由は以下のとおり、

 

  1. もっと安くやってくれるところを探す
  2. もっとスキルがあるところを探す

 

こんな感じ。

かと言って施術料を保険使用時の窓口負担と同じ金額にしていたら生活が成り立ちません。

ということは、患者さんに信頼される知識とスキルを身に着ける必要があるということ。患者さんにとって症状をしっかり改善してくれることが必要性の高い柔道整復師の条件ということです。

この記事を書いている僕は10年間、外来整形外科クリニックに柔道整復師として勤務してきて、ドクターと患者さんに必要とされる柔道整復師像がはっきりとしてきたので、経験をもとに必要性が高い柔道整復師とはどんなものかを解説していきます。

 

この記事を読んでわかること

  • 運動器疾患・外傷をしっかり見れる柔道整復師は必要性が高い
  • 必要性の高い柔道整復師になるための方法

 

まだここに気づいていない柔道整復師はたくさんいます。一足先にスタートダッシュして必要とされる柔道整復師の位置を獲得しましょう。

 

必要性の高い柔道整復師の条件

必要とされる柔道整復師

必要性の高い柔道整復師とは、次のうち1つもしくは2つとも持っている人たちで、

 

  • 運動器疾患をよくできる
  • 外傷の治療をできる

 

どちらも整形外科・接骨院などで遭遇する疾患です。

特に外傷の治療をしっかりできる柔道整復師は必要性が非常に高い。

柔道整復師の最大の強みは外傷、特に骨折や脱臼を受傷直後から治癒まで経過を通して追っていけるところです。

1つずつ解説していきます。

 

運動器疾患をよくできる

運動器疾患とは、腰や膝の痛みなど運動器何らかの症状を起こす疾患のこと。この運動器疾患をしっかり治すことができる柔道整復師の必要性は今後、非常に高まっていくと思います。

これは柔道整復師として接骨院や整形外科で仕事をしていれば嫌でも遭遇する疾患です。ここが弱いと、「あそこに行っても治らない」という評判が立つのでハードモード。

 

腰痛のため来院 30分3,000円 マッサージのみ行う痛み取れない、逆に悪くなったもう行かない。あそこはダメだという口コミ

腰痛のため来院 30分3,000円 評価に基づいた治療+患者指導痛み改善、アフターフォローまでしてくれる信頼関係構築、あそこは良い。

 

リアルにこんな感じ。

僕自身、整形外科と並行して休日にスポーツジムで自費の治療を行っていますが、保険が使えないというのはこういうことでして、めちゃくちゃシビアな世界です。

あと、独立ではなくどこかに勤務しているヒトに注意してもらいたいことですが、患者の指名をたくさん取っているからといって、外に出て同じように指名が取れるとは思わないほうが良いです。

少し詳しく解説すると、

 

勤務→その施設に人が集まって来ていて、その中で他の人よりもあなたにやられたほうがマシという状況

独立→あなたにやってほしいからわたしは治療に来ている。他の人ではダメと言う状況。

 

これが本質で、今の職場でバリバリ指名もらっているから独立しても楽勝でしょという考えでやっていると間違いなくメンタルやられます。

自分が退職することを伝えた時何人の患者さんが、そのまま患者さんでいてくれるかをしっかり考えることが重要で、それが今の自分の必要性です。

 

外傷の治療ができる

外傷をしっかり治療できる柔道整復師の必要性は非常に高いです。

受傷直後から治癒まですべての期間で治療に関われるのは柔道整復師のみ。

外傷を3つの時期に分けると、

 

  1. 受傷
  2. 整復・固定(骨折の治療の時期)
  3. 後療法(リハビリ)

 

時期によって携わる職種が違います。

 

1,2→ドクター

3→理学療法士、作業療法士

 

どの資格もその時期のプロフェッショナルなのはわかるのですが、これにはデメリットがあり受傷から治癒までの実際の過程・経過ががわからないといった点。

ドクターもPTやもOTもその時期での最善は尽せても全体を通して最善は尽くせないかもしれないです。

どういうことかというと、

 

ドクター→骨折の手術に対しての知識・スキルは最強。しかし、リハビリには疎い。

具体例:骨折術後の可動域制限に対して骨は手術で繋いだんだから動かないわけがない。もっと頑張って家で可動域エクササイズをしろ!!手術で骨をつなげたからと言って簡単には動かない。

PT・OT→術後のリハビリに対して知識・スキルは最強。しかし、手術以外の治療に関する知識が少ない。

具体例:徒手整復なんてエビデンスがないんだからあんなのやるのは野蛮だ。徒手整復だったらそもそもリハビリが必要ないもしくは超短期間で終了再転位がないものであれば徒手整復最強ということを体験したことがない。

 

こんな感じで、手術と徒手整復の治療経過を最初から最後までみれないとこんな感じのことが起こります。

この2つを実際にリアルに感じられるのは柔道整復師のみで非常に貴重な存在です。

実際に10年整形で働いて骨折の治療に関して有益だと思う経験を上げると、

 

  • 術後1〜2日は、痛すぎて眠ることすらできない人が多い(痛みとの戦い)
  • 不安定なタイプの骨折は手術おすすめ
  • 徒手整復の方が骨癒合がいい
  • リハビリにかかる期間は徒手整復の方が明らかに短くて済む

 

こんな経験は両方の患者さんの経過を通して見ていなければいえない事。

こういっことを治療選択時にアドバイスできる柔道整復師は控えめにいってもかなり必要性は高いですよね。

 

必要性の高い柔道整復師になる方法は2つ

勉強してしっかり知識をつける

必要性の高い柔道整復師になるための方法は、

 

  • 外部の勉強会に積極的に参加する
  • 運動器疾患・外傷をしっかりみている病院・治療院で働く

 

です。できれば、両方を同時進行がおすすめ。

解説していきます。

 

外部の勉強会に積極的に参加する。

まずは、安くてもいいので外部の勉強会に参加しましょう。

僕がよく参加する勉強会↓

1度参加すると自分のカス具合を嫌というほど知ることができます。

 

勉強会前患者さんの指名たくさんもらってるし、みんな気持ちいいって喜んでくれる。自分すごい。

勉強会後患者さんを良くしているすごい先生がたくさんいる。外に出たら通用しない。自分カス。

 

こうなります。僕が紹介しているこの勉強会は、理学療法士の先生が行っているものなので運動器疾患に対して臨床でめちゃくちゃためになる勉強ができます。

僕の中で1番大きかったのは、

 

患者さんを良くする≠気持ちいいマッサージをする

患者さんを良くする=患者さんの状態に合わせて施術をする

 

という思考の変化でした。マッサージを患者さんに気持ちいいと言われて自分できると思っている柔道整復師って結構いそうですね、、、

基本的に柔道整復師養成校での勉強は机上の空論であることが多いので臨床にはほぼ役に立たないです。

この事実を念頭に入れつつ日々精進するしかないという結論。

 

運動器疾患や外傷をしっかりみている病院・治療院で働く。

働きながら勉強が1番効率がいいです。

1年の半分以上の時間をその職場で過ごすことになる。

これだけの時間を無駄に過ごすのはもったいないです。

もし今の職場では運動器疾患も外傷も見れない場合は速攻転職しましょう。デメリットが多すぎる。

さらに、この2つでの経験をしっかりまとめてアウトプットすること。

自分はこんな勉強してこんな事ができると周りの人に知ってもらうことが重要。

何をしていて何が得意な人かを知ってもらうことで、必要性の高い柔道整復師を作り上げて行きましょう。

どんなアウトプットがあるかというと、

 

  • 院内勉強会を開く
  • SNSなどで勉強・経験したことを発信する

 

多くの人に自分がどんな人間なのかを知ってもらうことで、職場だったら仕事を振ってもらえるかもしれないし、SNSで発信を続けていればより自分を高められる場所へ引き抜いてもらえる可能性があります。

いの一番に知識を入れたら外に発信するという癖をつけましょう。

 

まとめ

柔道整復師の必要性が薄れている今、自分でしっかりと行動して必要性を自ら作っていくことが大切です。

そのためには運動器疾患や外傷をしっかりみれる知識とスキルが重要です。

勉強会や環境を変化させて、世の中に必要とされる柔道整復師を目指していきましょう。

-柔道整復師

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2020 All Rights Reserved.