柔道整復師

将来性のある柔道整復師を目指すならマッサージだけでは無理です

投稿日:

資格をとってから10年間のんびりと現在の職場で仕事をしてきました。
前々から感じていたことですが同業者からも他の業種からも柔道整復師の評価は低いことが多いです。
新聞やニュースなんかでも、柔道整復師の不正請求の話題なんかが目に入りますし、スキル的な部分に関しても同業者から接骨院では外傷は診れないと思っています。

柔道整復師の将来ってどうなんだろう。
なんでこんな事思ったかというと、こんな話を聴いたからで、、、

舟状骨骨折の患者さん
「家が遠いので近くに転院したいんですが、整骨院に行ってもいいですか?」
先輩柔道整復師
「接骨院はやめたほうがいいので整形外科にいってください」

同業者にこういわれると流石に悲しくなります。

先輩の意図としては、
舟状骨骨折はしっかり固定しないと偽関節になりやすく、偽関節になると握力が落ちたり運動時の痛みが残ってしまうため知識のあるところでみてもらったほうが良い。” だと思います。

整形外科で働いている僕ですらそんなに多く見る外傷ではないので、町の接骨院では都市伝説くらいめずらしい疾患だと思います。
それを、いきなり治療しろといっても出来ないですし患者さんのためを思えば正しい選択です。

これだけたくさんの接骨院があるにもかかわらず、外傷の処置を同業者からしても任せられない接骨院ばかり増えてしまうのは良くないです。将来が不安です。
このまま接骨院=マッサージ屋みたいなレッテルをはられ続けるとどんどん働きにくくなると思います。
本当に患者さんのためを思って勉強している柔道整復師の先生方がいるのに残念ですね。

なので今回は、柔道整復師の将来はどうなのかを記事にしていきたいと思います。
現在柔道整復師の方も、これから取ろうと考えている方もぜひ読んでいただき自分の人生を豊かにしていただければと思います。

将来性のある柔道整復師を目指すならマッサージだけでは無理です

将来、保険を使ってマッサージだけで生きていくのは難しいと思います。

おそらく、柔道整復師の治療に関しても、保険を使うのであれば医師の承諾が必要になってくる時代が来るのではないかと思います。
理由としては、慢性疾患に対して急性外傷の病名をつけて請求している接骨院が多くいることです。

柔道整復師が保険を使える疾患は外傷によるもののみになるので、これ以外のものに関しては保険は使えません。知り合いの接骨院でも、肩こりや慢性的な腰痛は保険を使わず自費でみているところが増えてきていて、柔道整復師の保険の使用が年々厳しくなってきているのがわかります。
この流れは最終的には、上で話したような医師の指示に基づく治療にしか保険が使えなくなっていくのではないかと予想しています。
この予想が現実になった時に、柔道整復師の将来はどうなっていくのか考えてみます。

柔道整復師として働いている僕が感じている危機感

僕は現在整形外科で働いているため収入に困ることはありません。まあ、裕福とは言えませんがそれなりに暮らしていくことは可能です。

しかし、あの大企業のトヨタでさえ終身雇用は難しいといっている今、柔道整復師も終身雇用は難しいです。そうすると独立する柔道整復師が増えるため接骨院が増えます。間違った保険請求をする整骨院が増えるので、そこを引き締めるために医師の指示がないものに関して柔道整復師は保険を使った治療をできなくなります。マッサージのみでご飯を食べているひとは、保険が使えないただのマッサージ屋になるのでスキルがなければ患者さんは来ません。店を畳まなければ行けないです。

こんな感じで、一昔前みたいに資格さえ取れば生きていけるという簡単な時代ではないということは確かなことです。

保険が使えなくなった時に柔道整復師が戦っていく環境は、自費でマッサージを延々とやってく環境か、他の療法士と同じ土俵で戦っていくか、外傷を保険を使ってみていくか、このどこかの領域になるんじゃないかと思っていて、どこもなかなか気が重い環境で追い込まれます。
過去をくよくよ考えても仕方ないので、解決策を考えてみました。

柔道整復師はたくさんいるので自分の価値を作る必要がある

結局のところ現在の接骨院になぜ患者さんが来るかというのは保険が使えるからです。

保険が使えなければただのマッサージ屋になります。

半分くらいの接骨院が同じようなことをしたら、それだけの数が保険の使えないマッサージ業界で戦っていかなければいけないんです。想像しただけでもゾッとします。そうならないためにも早いうちから自分に価値をつけていく必要があると僕は思います。今までぬくぬくと整形外科に勤務していましたが、ありがたいことに現在の勤務先は外傷はもちろん運動器疾患に対してもかなり力を入れているので、知識・スキル的な面で少しのアドバンテージはあるとは思っています。しかし運動療法などの土俵で戦うにはまだまだ勉強不足でもっと勉強しておけばよかったと今でも後悔しています。

なので、この記事を読んでいるみなさんはラッキーだと思います。

今日から真剣に運動器や外傷の勉強をしたらいいですし、今まで職場での経験を大事にしていなかったのであれば今からしっかり意識して働けば、これに明日気づいたひとよりも1日分先にいることになります。あとは、毎日コツコツと積み上げてチャンスに備えていくだけです。小さな積み上げが大きな価値になるのは間違いありません。

僕が考える柔道整復師の価値

具体的に僕が考えている柔道整復師の価値は2つあります。

1)自費でも利用してもらえるだけの確かな知識とスキル
2)外傷の処置を任してもらえるだけの確かな知識とスキル

です。この2つを掘り下げてみていきたいと思います。

自費でも利用してもらえるだけの確かな知識とスキル

これは患者さんに対してのスキルです。自分が患者さんだったどんなセラピストにみてもらいたいと思うかを考えれば良いです。
僕だったら、

#1、人当たりがいい
#2、しっかりとした医学的な知識があり困っている症状を改善してくれる
#3、自分の手に負えない疾患に関してどうしたほうがいいか適切なアドバイスをくれる

最低でもこんなセラピストに見てもらいたいと思います。自費ということは患者さん自身がそれなりに本気で自分カラダを良くしたくて、良くしてくれるところを選んで治療を受けに来ます。
治療する側もしっかりとした覚悟がなければ患者さんは来ないですよね。

外傷の処置を任してもらえるだけの確かな知識とスキル

これは医療関係者に対してのスキルです。もし、接骨院の保険が医師の同意がある場合のみになってしまったら、最初にお話したように“接骨院での治療はやめてください”といわれては同意なんてもらえません。
そうならないためにも、ここの接骨院はちゃんと外傷を診れるなという印象を持ってもらうのが必要です。

どうしたら信頼を得られるかというと、

#1、整形外科で働く
#2、応急処置をしっかりとして病院に送る
#3、送り返してもらった患者さんは全力で診る

整形外科で働くのが1番手っ取り早いと思いますが、出来ないのであればとしっかりと治療ができる知識とスキルは最低持っていないと難しいかもしれません。

ただし、応急処置といっても自己満の治療になってはいけません。

自己満の例を1つ上げると、接骨院から中足骨の骨折が疑われるということで紹介されて来院した患者さんがいました。結局、第5中足骨骨幹部の斜骨折だったので整復・固定をして送り返したのですが、経過のレントゲンで1週間後再来院された時に、非常に凝った固定に変更されて来院されました。再度レントゲンを撮ったところ、短縮し再転位していました。

すごく芸術的な固定で作り込まれていましたが、靴のような固定では固定をつけるとき靴をはくように装着するので、骨折部に軸圧がかかり再転位するのは当たり前ですよね。

その先生が自己満ではなかったとしたらもっと外傷のことを勉強するべきですし、もしそうだったのであれば患者さんのためにならないのでやめたほうが良かったですね。間違いなく信頼を落とします。

この2つのどちらかでも提供できれば将来性のある柔道整復師になれるのではないかと思います。
僕も黙々と積み上げていきます。

将来性のある柔道整復師になるには

そのためには3つの要素が必要です。

1)医学知識
2)技術
3)経験

この3つは治療をする上で必須のスキルです。
開業しようが勤務しようがこのスキルが無ければ治療をしてはいけません。
ただすぐに身につくわけではないんです。

僕自身実感しているのでいまさら焦ってます。

でも、焦って何もやらなければ今と変わりません。毎日、黙々と勉強し臨床し経験を積み上げて行くことでどこにいようが自分の本当の価値を身につけることが出来ます。コツコツと積み上げていない人に大きな価値は生み出せません。

まとめ

柔道整復師のネガティブな面ばかりでしたが、良くなれば患者さんは喜んでくれるし、骨折の治療なんかも非常にやりがいがあるし楽しい仕事です。毎日が勉強なのでおそらく勉強が嫌いでな方は向いてないと思いますが、、、
この先の接骨業界はなかなか厳しくなっていくのではないかと思います。昔のように、保険を使ってマッサージをして稼げていた時代は終わっていくと思います。
そう考えた時に、どうやって自分の価値を作っていくかを考えていく必要があって僕はこの記事に書いた、2つの価値を磨いていこうと思い日々進んでいます。
もし現在悩んでいてこの記事を読んでいるのなら記事を読み終わってすぐに、医学系の本なりセミナーに参加するなり行動してみてください。明日やろうと思ったらきっと今日のままなので本当に変わりたいひとはここで一歩踏み出してみてください。
共に猛進していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カラダ・ラボ オレンジ

-柔道整復師

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.