柔道整復師

骨格筋の形と触察法は触診の勉強に最適な本です。

更新日:

柔道整復師の学校では解剖は教えてくれるけど触診は全然教えてくれません。
臨床に出ると触診の重要性を痛いほど実感します。

そんな触診の勉強をしているとき、プロメテウスを買って解剖を勉強していたんです。
最初はプロメテウスはイラストが凄くきれいなのでウキウキしながら勉強していたんですが、段々と勉強していくうちに少ししっくりこない違和感が出てきました。

それは、うまく筋肉をイメージできないということでした。

当時悩んでいた時に僕の前に現れたのがこの、

骨格筋の形と触察法

という本でした。

この本のおかげで、僕の触診スキルはだいぶ上がったと思います。

そもそも触診の重要性がわからないとか、これから頑張って触診のスキルをあげたいとかそんな方にはおすすめの1冊だと思います。

気になっている方はぜひ最後までご覧ください。

骨格筋の形と触察法

骨格筋の形と触察法
改定第2版 骨格筋の形と触察法
編集 河上敬介  磯貝香
出版社 大峰閣

骨格筋の形と触察法はこんな本です。

“医師が手術や投薬の対象となる器官を充分に理解したうえで最善の治療を行うのと同様に、理学療法士、作業療法士、柔道整復師および鍼師などのコ・メディカルも、我々の業務の対象となる器官を充分に理解したうえで治療を行うべきである。”

骨格筋の形と触察法 Pⅲ 初版の序より引用

と書かれているように、
僕たち柔道整復師も自分たちが診る器官を充分に理解して臨床にあたってほしいという筆者の熱い想いが伝わってくる本です。

僕自身も臨床に出るまで触診の重要性については全くといっていいほど考えていなかったのですが、、、

臨床にでてみると、運動器のリハビリをするにしろ、骨折の整復をするにしろ、触診が出来なければ何も出来ないということに気づきました。

大げさにいうと触診は生きるために呼吸をしているのと同じくらい重要なことです。

特に、筋肉を触れるのは重要です。

リハビリをする時に圧痛を確認したり、しっかりと収縮しているか確認する必要があるからです。

そのためには、骨のランドマークもしっかり触れる必要があります。

その勉強をするのにこの本は、ランドマークの触り方、筋の触り方などを写真を中心に詳しく書いてあるので上達の手助けをしてくれます。

他の解剖アトラスとの違いを解説します。

他の解剖アトラスとの違いは実際の人の御遺体を解剖した写真が載っていることです。
触診をするときは、生きてる人を解剖しながら治療していくわけにはいかないので、体表からイメージしながら触っていく必要があります。

他のイラスト系の解剖アトラスもすごくきれいなので、参考にはなるのですが、筋の重なり方や大きさ、範囲や深さがどうにも僕には想像しづらく、しっかりとしたイメージが出来ないまま触診の練習をしていました。
イメージが上手く出来ないと残念ながら触診はうまくなりません。

この本はイラスト系の解剖アトラスと違って、実際の写真が使われています。
それによって、筋肉の詳細なイメージがすごくしやすくなりました。
特に、筋肉の重なり合いと深さはこの本に勝るものはないんじゃないかと思うほどです。

いつのまにか僕のバイブルです。

僕は、膝のリハビリに力を入れているので大腿四頭筋の解剖写真をよく見ます。

この本で勉強する前は中間広筋は大腿直筋の真下にある小さい筋肉だと思っていましたが、実際には大腿直筋と外側広筋の下に存在する割と大きな筋肉でした。

こんなボリューミーな筋肉が機能不全を起こせば、膝関節は正常に作用しないのは一目瞭然だなと思うようになりました。

それからしっかりと中間広筋をイメージしながら触診してエクササイズを行うと、今まで改善できなかった症状も改善できるようになりました。

どんなにいい手技を知っていても目的の組織をしっかりと触れなければ全く意味がないということです。

触診技術の上達方法

この骨格筋の形と触察法をみながら触診の練習をするときぜひやってほしいのは、実際に輪郭を誰かのカラダに書かしてもらうということです。

実際に骨をトレースしてみると、最初のうちは輪郭よりも大きかったり小さかったり、いびつな形をしていたりと自分の触診がいかに適当かわかると思います。
もう1度本を見返して細かい骨の形をみつつもう1度書いてみる。
これを何回か繰り返していくうちに、非常に正確に触診ができるようになってくると思います。

自分ができているかいないかを知るには可視化するのが1番の近道です。

可視化することで自分のレベルを認識できます。

触診は地味なスキルですがここをコツコツと積み上げると、後々大きな財産になるので頑張ってみてください。

まとめ

結論は骨格筋の形と触察法はすごくいい本だと言うことです。
触診を教わらない柔道整復師はなるべく臨床に出て早い段階で触診を身につけるべきだと思います。
その触診を身につける参考書はいくつかありますが、その中でも骨・筋肉のイメージを膨らましやすいこの本は非常におすすめです。
今後、臨床力のスキルアップを考えている方はぜひこの本を見てみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カラダ・ラボ オレンジ


-柔道整復師

Copyright© カラダ・ラボ オレンジの日記 , 2019 All Rights Reserved.